分譲マンションの費用について

分譲マンションは、住宅ローン意外にもかかる費用があります。つまり、住宅ローンだけを見て現在の家賃より安いなどという判断をしてはいけません。すべての費用をトータル的に考える必要があるでしょう。分譲マンションでまずかかってくる費用は、管理費になります。これは、管理人などの人件費や共有施設などの電気代や維持費などがこれに当たります。大規模なものであれば大きく割れるので安いですが、サービスが多くなればなるほど値段は上がってきます。次の分譲マンションの費用としては、修繕費がかかってきます。これは、建物の修繕に使う費用になります。これの注意点としては、新築時は安いのですが、5年後あたりから値段が上がっていきますので、その点は注意が必要になります。それを踏まえて将来のことを考えるべきでしょう。そして、最後は、税金周りになります。日本では、分譲マンションを持つことになると固定資産税と都市計画税を払わなければなりません。新築であれば、最初の5年間は半額になりますので、5年たった後に倍になってびっくりするパターンもあります。このように、分譲マンションは住宅ローン以外にもお金がかかってきますので、トータルで考えていく必要があります。

新着情報

↑PAGE TOP

Menu