• トップ /
  • 分譲マンションのリフォーム方法

分譲マンションのリフォーム

分譲マンションのリフォーム方法

マンションリフォームの注意点

分譲マンションの室内は、所有者が自由にリフォームすることができます。キッチンやトイレ、バスルームといった設備を丸ごと入れ替えるような大規模な工事から、壁紙やフローリングを張り替えたり、手すりをつけるような簡易な工事まで所有者の希望に合わせてリフォーム可能ですが、一般的に分譲マンションでは工事前に管理組合に対して工事の許可を得る必要があります。近隣住居に影響する工事のみについて許可を要する場合、工事の届け出だけで良いとする場合などマンションの管理規約によって許可届け出の内容が異なりますので、リフォーム工事の発注前に管理規約の確認と管理会社への確認をしておく方が良いです。また、分譲マンションの室内は自由に変更することが可能ですが、共用部分を変えることはできませんので注意が必要です。特に扉の内側や窓、配管スペースなどは室内側部分であっても共用部分にあたりますので、勝手に入れ替えることはできません。マンションによっては扉やサッシ部分のカラーを塗り替えるだけのリフォームも禁止している場合があります。そのようなときは、室内デザインを整えるために扉やサッシの内側部分に更に部材を作りつけるようなリフォームプランで室内イメージを変えることはできます。

↑PAGE TOP

Menu